製品&サービス
AP-Vision/21について
AP-Vision/21について
ソリューションサービス
システム開発
コールセンター
概要その他機能導入事例新機能デモお申込み
管理レベルスプール機能帳票出力機能照会情報のデータ出力機能他システムデータ連携

*販売物流基幹業務システムパッケージ「AP-Vision/21」管理レベル
- - -
システム全体にかかわる管理レベル
  • 最高9階層の組織管理が可能です。
  • 組織の上位層での在庫管理、売掛・買掛管理も可能です。
  • 各種コードの桁数は自由に設定可能です。
  • 一定の管理名称は自由に変更可能です。
  • 部門(業務)毎にシステム処理日付の運用が可能です。
- - -
- - -
取引先にかかわる管理レベル
  • 取引先(8桁以内)+店(6桁以内)の管理が可能です。
  • 得意先(店舗)、売掛先、請求先、出荷先、納品先等の様々な角度から管理できます。
  • 取引先分類コードは2種類×2レベルまで自由に設定可能です。
    他にお客様分析用に得意先セグメントが16項目準備されています。
  • 自社売上伝票(パッケージ標準)、百貨店統一伝票、量販店統一伝、スポーツ
    統一伝票等が標準でプリント可能です。
  • 得意先毎に伝票の種類や出荷指図情報の登録が可能です。
- - -
- - -
商品にかかわる管理レベル
  • 商品コードは標準で15桁以内で自由に設定できます。
  • 商品コードの他に、サブコードが3種類まで、自由に設定可能です。
  • 商品分類コードは3種類×3レベルまで自由に設定可能です。
    他にお客様分析用に商品セグメントが21項目準備されています。
  • 商品コードの他に、SKU、相手先コードが入力時使用可能です。
  • 組織(在庫管理対象部門)+倉庫+場所+商品単品レベルでの在庫管理が可能です。
    さらに、棚番による管理も可能です。
  • 倉庫単位及び商品コード単位に在庫数マイナスの可否設定が可能です。
  • 原価法は選択可能で、6種(設定原価、リアル移動平均、日次総平均、月次総平均、期間総平均、      最終仕入)の中から採用可能です。
  • 入数、複数単位の設定が可能です。
  • 数量や単価に小数点以下の設定が可能です。
  • 製品の他、資材在庫の管理も可能です。
  • セット組商品の管理も可能です。
  • イメージ情報と合わせてビジュアルな管理が可能です。
- - -
ページの先頭へ 次のページへ